マンガ日本の歴史の選び方はこちら→ CLICK!

【子供がケンカしないゲームはコレ!】Switchソフトおすすめ4選

楽しく遊んでほしくてニンテンドーSwitchを買ったのに、それが原因で子供たちがけんかしてしまったら悲しいですよね(涙)

「いいかげんにしなさい!」と大声で叱るのも、毎度だとうんざり。

この記事では、子供がケンカをしないためにはどんなゲームがいいのか、ニンテンドーSwitchのゲームをもとに解説します!

目次

ゲームで子供がケンカをしてしまう、3つの原因

ゲームで子供がケンカをしてしまう、3つの原因

子どもがゲームでケンカをしてしまう原因は、大きく分けて3つあります。

ケンカの原因その1:Switchの奪い合い


1人でやるゲームの場合、おたがいに自分がやりたくて奪い合いになってしまう。

たとえば、インクを塗り合って戦うSplatoon2 (スプラトゥーン2)は、大人気でとてもおもしろいゲームですが、1度に1人しか遊べません。

Switch本体が1台しかない場合、おもしろいゲームほど順番が待てなくて奪い合いになり、ケンカになってしまうことがあります。

おもしろくて楽しいゲームほど、ケンカになっちゃうね。

ケンカの原因その2:勝ち負けでケンカになる

対戦型のゲームなど勝ち負けがあると、負けたほうが悔しくてケンカになる。

大乱闘スマッシュブラザーズマリオカート8デラックスのようなゲームは、相手と戦ったり競争したりして勝ち負けが決まります。

勝った子供がうれしくていばったりすると、負けた子供がくやしくて、ケンカになってしまうことがあります。

けんかの原因としては、これがいちばん多そうだね。

楽しいからこそ、ついつい熱くなっちゃうんだよね。

ケンカの原因その3:メインプレイヤーとサブプレイヤーのできることが違う

2人以上で一緒に遊べて勝ち負けがないゲームでも、メインのプレイヤーとサブのプレイヤーのできることが違うとケンカになる。

大人気のあつまれ どうぶつの森は、自分の島で釣りや虫捕りなどをして自由に楽しむゲームです。

2人以上で一緒に遊べて勝ち負けもなく、ほのぼのとしたゲームです。

しかし、メインのプレイヤーは自由に好きなことができて楽しいのですが、サブのプレイヤーはメインのプレイヤーについていって素材を拾うぐらいしかできません。

なので、どちらがメインのプレイヤーをやるかでケンカになってしまうことがあります。

ほのぼのしたゲームでも、ケンカになっちゃうことはあるよね。

誤解のないように言っておきますが、「ケンカの原因」で例にあげたゲームは、どれも本当におもしろくて、買うならぜひおすすめしたいものばかりです。

わが家も例にあげたゲームは全部持っています。

ケンカしちゃうのも、ゲームが楽しいからだよね。 

1人で遊ぶ場合や、ルールや順番を守って楽しく遊べるなら、子供が楽しめることまちがいなしです!

協力して進むゲームなら、子供もケンカになりません

協力して進むゲームなら、子供もケンカになりません

兄弟姉妹でなかよくゲームをしてほしいと思ったら、プレイヤー同士が協力して進むタイプのゲームがおすすめです。

勝ち負けがないのでケンカにならないし、お互い協力してゲームを進めることによって一体感も生まれます。

おすすめとして選んだゲームは、ケンカの原因3つには当てはまらず、どれも楽しくて盛り上がるものばかりです。

わが家の小6息子と小3娘も、いつも大爆笑しながら2人でなかよく遊んでいますよ!

【子供がケンカにならないゲーム】おすすめ4選

おすすめのゲームは、↓この基準で選びました!

●Switchが1台しかなくても2人以上で遊べる。

●勝ち負けがなく、プレイヤー同士で協力して進めていく。

●各プレイヤーの能力やできることが同じである。

●楽しくて笑える!

おすすめ1 「Minecraft Dungeons Hero Edition」(マインクラフトダンジョンズ ヒーローエディション)

商品名 Minecraft Dungeons Hero Edition(マインクラフトダンジョンズ ヒーローエディション)
ジャンル アクション / アドベンチャー / ロールプレイング
遊べる
人数
●プレイ人数:1~4人
●インターネット通信プレイ人数:2~4人
定価 3,960円(税込)

→「ヒーローエディション」は、「マインクラフトダンジョンズ」(定価2,640円→ダウンロード版のみ公式サイトで販売)に新しいダンジョンや装備などが入った追加コンテンツが足されたもの。

本家の「マインクラフト」は有名なので、ご存じの方も多いでしょう。

「マインクラフトダンジョンズ」は、「マインクラフト」から派生したゲームで、ブロックで作られた世界の様々なダンジョンを冒険します。

もちろん敵も出てくるので、仲間と協力して倒しながら進んでいきます。

本家の「マインクラフト」のように、自分で建物などを作ることはできませんが、マイクラの世界での冒険は、マイクラ好きのお子さんならきっと楽しいですよ!

おすすめ2 「いっしょにチョキッと スニッパーズ」

商品名 いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス
ジャンル コミュニケーション / アクション / パズル
遊べる
人数
1~4人
定価 ●いっしょにチョキッとスニッパーズプラス:3,608円(税込)
→「いっしょにチョキッと スニッパーズ」と「追加ステージパック」をセットにしたもの。●いっしょにチョキッと スニッパーズ:1,834円(税込)

追加ステージパック:1,222円(税込)
→新たなステージを40種類と、遊ぶたびにキャラクターのカタチが変わる新機能をプラス。

プレイヤー同士が協力して、お互いのカラダをチョキッと切って形を変え、そのカタチをいかしてパズルを解いていきます。

各ステージにはいろいろな仕掛けがあって楽しめます。

このゲームのキャッチフレーズは、「切っても切れない ふたりのキズナ」です。

家族や友達と楽しく協力してプレイすることで、キズナを深めようという思いが込められています。

子ども達がなかよく遊ぶのにピッタリのゲームですね!

頭を使って考える要素がたくさんあるから、楽しみながら頭の体操にもなるよ!

おすすめ3 「ヒューマンフォールフラット」

商品名 ヒューマン フォール フラット
ジャンル アクション / パズル / アドベンチャー / シミュレーション
遊べる
人数
●プレイ人数:1~2人
●ローカル通信・インターネット通信プレイ人数:2~8人
定価 ダウンロード版:1,528円~1,530円(税込)

パッケージ版:3,960円(税込)
→ダウンロード版に10種類の限定スキンが追加されています。

ふにゃふにゃ動くキャラクターを操作して、さまざまな仕掛けを動かして進んでいくパズルのようなアクションゲームです。

このゲームのいちばんの特長は、キャラクターがふにゃふにゃで不安定なため、思うように動かないところです。

最初は気持ち悪く感じるかもしれませんが、いつの間にかふにゃふにゃさがツボにはまることまちがいなし!

1人ではクリアするのが難しいので、やるときは「2人で遊ぼう!」となります。

2人で大笑いしながら協力して進めば、なかよくなれそうだね!

「ローカル通信プレイ」と「インターネット通信プレイ」は人数8人までとなっていますが、家のテレビでプレイするような場合は2人までしかできないのでご注意ください。


ヒューマンフォールフラットは、ジョイコン1個を横に持って操作しても遊べますが、かなりやりにくいです。

できればジョイコン2台をグリップでつなげて1台のコントローラーにしたものか、または「Proコントローラー」(通称:プロコン)を使うことをおすすめします。

おすすめ4 「Good Job!」(グッジョブ)

画像元:https://www.amazon.co.jp/

商品名 Good Job!(グッジョブ)
ジャンル パズル / アクション
遊べる
人数
1~2人
定価 ダウンロード版:2,000円(税込)

巨大企業の中で、新入社員としていろんな仕事にチャレンジしながら、会社のトップをめざして進んでいくゲームです。

といっても、まじめな感じではなく、ゲームの中では物をこわしても怒られないので、自由にめちゃくちゃを楽しむことができます(笑)

社員を集めたり、物を運んだりと、各ステージによって決まったノルマをこなすとクリアになります。

2人で協力してもしなくてもノルマをこなせばステージをクリアできますが、協力すれば、より速くクリアできますよ。

各ステージにはクリアするまでの時間制限もないから、あせらなくても大丈夫。

2人でめちゃくちゃにいろいろやって楽しめるよ! 

Switchを2台買えば、子供はゲームでケンカしない?

Switchを2台買えば、子供はゲームでケンカしない?
例えばお子さんが2人の場合、Switchを2台買えば奪い合いにもならないし、各自が好きなゲームをすれば、ケンカにはならないかもしれません。

でも、それは根本的な解決ではないように思います。

Switchを2台買うには、お金もかかっちゃうね(汗)

ソフトによっては、2本買わないと別々に遊べないものもあるよ。 

子ども達が別々に遊ぶよりも、一つのゲームで一緒に笑ったりドキドキしたり、協力して敵を倒したりしながら楽しむほうが、いいと思いませんか?

一緒に楽しく遊んだ思い出がいっぱいある兄弟姉妹は、いつまでもなかよしでいてくれるような気がします。(私個人の感想ですが。)

子ども達だけでなく、ぜひご家族でゲームを楽しんでみてください!

あわせて読みたい
【2021年版おすすめボードゲーム・簡単だから子供も盛り上がる!】コンパクトで置き場所に困らないボー... 【子供も大人も盛り上がる、コンパクトなおすすめのボードゲーム】 お子さんとボードゲームを楽しみたいと思っている親御さんは多いでしょう。 ボードゲームといえば、...
あわせて読みたい
【2021年版ボードゲームおすすめ比較】子供だけで遊べるボードゲーム! 子供がTVゲームばかりでなく、ボードゲームで遊んでくれたらいいなと思っている親御さんは多いでしょう。 でもボードゲームをする時に、親がずっと一緒に相手をするのも...
この記事を書いた人:いちこ
子供の学習について考える
東大法学部卒業後、大手企業に就職。現在は子供2人のママ。楽しく効果的な学習方法について日夜考え抜く日々。Twitterでは子供の学習や受験についてつぶやいているので、気軽にフォローしてくださいね。時々、親ばかツイートあり(笑)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる