マンガ日本の歴史の選び方はこちら→ CLICK!

ひらがな練習は「なぞり書き」より効果の高い「写し書き」で!

ひらがなの練習で一般的なのは、うすいグレーのお手本の字を鉛筆でなぞる「なぞり書き」です。

しかし「なぞり書き」ではなかなか字が上達しなかったり、そもそも子供がなぞるのを嫌がったりする場合があります。

実は字の練習方法として「なぞり書き」よりも効果が高いと言われているのが「写し書き」です。

「写し書き」なら、子供も楽しくひらがなの練習ができて、きれいな字に近づけますよ!

この記事では、実際に「写し書き」でひらがなの練習をした効果や、おすすめのひらがなドリルについて解説するよ!

【ひらがな以外に入学前に学んでおきたいことはこちら】

>>時計の読み方(時計が学べる絵本)
>>都道府県名と位置(日本地図パズル)

目次

ひらがな練習は「なぞり書き」より効果の高い「写し書き」で!

ひらがな練習において、お手本の字を鉛筆でなぞる「なぞり書き」よりも、もっと効果的な練習方法として最近注目されているのが「写し書き」です。

「写し書き」とは、お手本の字をなぞるのではなく、お手本の字をよく見て、まねをして書きます。

最近は、写し書きで字の練習ができるドリルが増えているよ。

それだけ写し書きの効果が認められているということだね!

↓実際に、うちの息子が4歳の時に「写し書き」で初めてひらがなの練習をした時の写真です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hiragana-ru-2-2-168x300.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hiragana-wo-2-2-168x300.jpg

「る」も「を」も、いちばん最初に書いた字(右側)は、字の形そのものがまちがっています(汗)

しかし「写し書き」の練習効果で、右から左へとだんだん字が上手に書けるようにようになっているのが、はっきりとわかります!

【写し書きのひらがなドリル】王道の3冊

最近では「写し書き」のひらがなドリルも徐々に増えてきました。

その中でもおすすめなのが、この3つです。

【写し書きのひらがなドリル・おすすめ】

なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳

見るだけでうまくなる まほうのひらがな練習帳

まほうのひらがなれんしゅうちょう (どんな子でも すぐにきれいな字になる!)

それぞれのドリルの特長を説明するので、お子さんに合ったものを選んでね!

写し書きの効果がすごい!【なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳】

 

>>なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳

累計部数35万部を突破し、幼児用ドリルとしては大ベストセラーとなったドリルです。

わが家が購入したのは7年前で、その当時もAmazonのベストセラーランキング(国語・幼児用ドリル)で1位でしたが、今でも度々1位になっています。

すごいですね!

何年もずっと売れ続けているのは、それだけ効果が認められているからだよね!

(画像引用元:https://www.amazon.co.jp/)

お手本には「しゅーっ」「くるーっ」「ジャンプ!!」など、かわいいイラストが書かれています。

息子も「しゅーっ」と言いながら楽しそうに練習していました。

楽しく遊びながら学べるのがいいね!

指でなぞった後、お手本を見てまねして書く「写し書き」で練習していきます。

お手本をよく見て書くことによって、正しい字の形をとらえることができるようになります。

↑上の写真は、実際に息子が4歳の時に練習したものです。

最初(右ページ)は字の形そのものがおかしかったのが、最後(左ページ)にはきれいな字になっています。

効果がはっきりわかるので、親も子もやりがいがありますよ!

初めての練習に最適【見るだけでうまくなる まほうのひらがな練習帳】

 

>>見るだけでうまくなる まほうのひらがな練習帳

大人気の「なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳」は、まだ少し早いというお子さんのために作られたドリルです。

対象年齢は4~5歳となっており、「なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳」よりもやさしい基礎的な内容になっています。

(画像引用元:https://www.amazon.co.jp/)

本の内容は、はぐれたお母さんへびを探す子へびの冒険物語になっているよ。

子供が楽しく練習できるように工夫されているね!

小学校入学前にはじめてひらがなを練習するお子さんにおすすめです。

伝統山下流の美しい字が学べる【まほうのひらがなれんしゅうちょう】

>>まほうのひらがなれんしゅうちょう

このドリルを監修されている山下静雨氏は、第1回ペン字検定最高位をトップで合格し、文部大臣賞も受賞されています。

ペン字の世界では、知らない人はいないほど有名な方です。

学校の教科書で使われている「教科書体」をベースにしつつ、山下静雨氏の「伝統山下流」に基づいた美しい字がお手本となっています。

お手本としては最高ですね!

子供が初めて字の練習をするなら、美しい字をお手本にしたいよね!

文字の形をわかりやすく「丸・三角・四角」などで分類しているので、子供でもパっと見て文字のおおまかな形を理解することができます。

書き方を説明するイラストも、ほのぼのした雰囲気でかわいいですよ。

本の中身が見てみたい場合は、楽天ブックス(楽天市場)のページで一部無料で公開されています。

ひらがなのなぞり書き練習は効果がうすい?

ひらがなの練習方法としては、現在でもグレーのお手本の字をなぞる「なぞり書き」が主流です。

しかし、実は「なぞり書き」はあまり効果がないという説もあります。

なぞり書きはあまり効果がない!

ひらがなの練習では、なぞり書きがよく行われています。なぞり書きとは、薄い灰色の字を上からなぞることです。
しかし、子どもは、なぞり書きが嫌いです。はみ出すと注意されるし、頭を使わない単純作業だからです。

著者:桂聖・永田紗戀「なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳」より引用

「まほうのひらがなれんしゅうちょう」でも、「なぞり書き」による練習ではなく、文字の形を覚えて自由に書くことをすすめています。

従来の「なぞり書き」は、お子さんにとって面白みがないうえに、成長途上のために自由自在に鉛筆を操ることができず、見本の線からはみ出したりしてしまうことが多く、嫌う傾向があります。そのため、本書では文字の形を覚え、自由に書くことをおすすめしています。

著者:山下静雨・武田静風「まほうのひらがなれんしゅうちょう」より引用

確かに「なぞり書き」だと、線をはみ出さないようになぞるだけの作業になってしまっていることがよくあります。

これではきれいな字の形はなかなか覚えられないですね(汗)

「写し書き」のドリルにもお手本の字をなぞる練習がありますが、鉛筆ではなく指でなぞって字の形をつかみます。

指でなぞるので、いくらはみ出しても平気です。

はみ出しても叱られないから、子供も楽しく練習できるね!

【まとめ】「写し書き」のひらがなドリル

この記事で紹介した「写し書き」のひらがなドリル3つについて、わかりやすくまとめました。

ドリルを選ぶときの参考にしてみてください。

【写し書きのひらがなドリル・おすすめ】

なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳
・対象年齢6~7歳
・写し書きのひらがなドリルとして最も有名
・「しゅーっ」「くるーっ」などと声を出して楽しく練習できる

見るだけでうまくなる まほうのひらがな練習帳
・対象年齢4~5歳
・はじめてのひらがな練習に最適
・はぐれたお母さんへびを探す子へびの冒険物語で楽しく練習できる

まほうのひらがなれんしゅうちょう (どんな子でも すぐにきれいな字になる!)
・伝統山下流に基づいた美しい字がお手本
・文字の形をわかりやすく「丸・三角・四角」などで分類している

お子さんが楽しく取り組めるドリルを、ぜひ探してみてください。

この記事を書いた人:いちこ
子供の学習について考える
東大法学部卒業後、大手企業に就職。現在は子供2人のママ。楽しく効果的な学習方法について日夜考え抜く日々。Twitterでは子供の学習や受験についてつぶやいているので、気軽にフォローしてくださいね。時々、親ばかツイートあり(笑)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる