小学校入学準備

ひらがなは「なぞり書き」より「写し書き」で練習すべし!

息子が4歳(年中)の頃、「ひらがなは小学校入学前に教えればいいか~」とのんびりしていました。

しかし、突然のお手紙ブーム!

返事を書こうにも、息子はまだ字が書けない(涙)

というわけで、あわててひらがなの練習を始めた時に知ったのが「写し書き」です。

 

ひらがなの練習は、「なぞり書き」ではなく「写し書き」がおすすめだよ!

この記事では「写し書き」の効果やドリルについて説明するね。

 

初めてのひらがな学習には、ひらがなの積み木もおすすめです。

「ひらがなつみき」の比較については、こちらの記事をどうぞ。

ひらがなを楽しく学ぶなら、積み木がおすすめ!【くもん・アンパンマンのひらがなつみき】ひらがなは「くもん」や「アンパンマン」の積み木で、楽しく学ぼう! お子さんに楽しくひらがなを覚えてほしいと思ったら、ひらがなの積み木が...

ひらがなは「なぞり書き」より「写し書き」で練習すべし!

お子さんのひらがな練習用に、ドリルを買う親御さんは多いですよね。

一般的なドリルでは、うすいグレーのお手本の字を鉛筆でなぞる「なぞり書き」で練習するものがほとんどです。

実は、もっと効果的にきれいな字が書けるようになる練習方法があるんです。

それが、「写し書き」です。

 

最近は、「なぞり書き」ではなく「写し書き」の練習法を使ったドリルが増えているよ!

書店で見たことがある人も多いかも。 

 

昔からずっとある「なぞり書き」の練習ですが、実はあまり効果がないのだそうです。

なぞり書きはあまり効果がない!

ひらがなの練習では、なぞり書きがよく行われています。なぞり書きとは、薄い灰色の字を上からなぞることです。
しかし、子どもは、なぞり書きが嫌いです。はみ出すと注意されるし、頭を使わない単純作業だからです。

著者:桂聖・永田紗戀「なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳」より引用

 

これに対し、「写し書き」とは、お手本の字をなぞるのではなく、よく見て、まねをして書きます。

「写し書き」のドリルでは、最初にお手本の字をなぞる練習もありますが、鉛筆ではなく指でなぞるので、はみ出しても平気です。

写真は、うちの息子が「写し書き」で初めてひらがなの練習をした時のものです。

へたっぴですね(笑)

「る」も「を」も、最初に書いた字(右側)は、字の形そのものがまちがってます(涙)

でも、「写し書き」の効果で、右から左へとだんだん字が上手に書けるようにようになっているのがわかります!

写し書きの効果がすごい!「なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳」


息子が4歳の時にひらがなの練習のために買ったのが「なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳」です。

その当時、Amazonのベストセラーランキング「国語」と「幼児用ドリル」で1位だったので、「これだ!」と買いました。

あれから7年たちましたが、今でも「国語」と「幼児用ドリル」で時々1位になっています。すごいですね!

 

ずっと売れ続けているのは、みんながいいものだと認めているからだよね! 

 

この本では、指でなぞるお手本に「しゅーっ」「くるーっ」「ジャンプ!!」など、かわいいイラストが書かれています。

息子は「しゅーっ」と言いながら楽しそうになぞっていました。

遊びながら学べるのがいいですね!

指でなぞった後、お手本を見てまねして書く「写し書き」で練習していきます。

「写し書き」は「なぞり書き」より難しいですが、お手本をよく見ることによって、正しい字の形をとらえることができるようになるのです。

写真は息子が4歳の時に実際に練習したものです。

最初は字の形そのものがおかしかったのが、最後にはきれいな字になっています。

効果がはっきりわかるので、親も子もやりがいがありますよ。

●本の内容を見てみたい場合は、Amazonのサイトで試し読みができます。

「まほうのひらがなれんしゅうちょう」は伝統山下流の美しい字が学べる


まほうのひらがなれんしゅうちょう」も、「なぞり書き」ではなく、お手本を見て指でなぞって形を覚える練習法のドリルです。

「なぞり書き」をすすめない理由も書かれています。

従来の「なぞり書き」は、お子さんにとって面白みがないうえに、成長途上のために自由自在に鉛筆を操ることができず、見本の線からはみ出したりしてしまうことが多く、嫌う傾向があります。そのため、本書では文字の形を覚え、自由に書くことをおすすめしています。

著者:山下静雨・武田静風「まほうのひらがなれんしゅうちょう」より引用

 

「なぞり書き」が楽しくないと、子供もドリルをやる気にならないよね。

 

この本を監修されている山下静雨氏は、第1回ペン字検定で最高位をトップで合格、文部大臣賞も受賞されていて、ペン字の世界では知らない方はいないほど有名な方です。

この本は、学校の教科書で使われている「教科書体」をベースにしつつ、山下静雨氏の「伝統山下流」に基づいた美しい字がお手本となっています。

お手本としては最高ですね!

 

子供が初めて字の練習をするなら、美しい字をお手本にしたいよね!

 

文字の形をわかりやすく「丸・三角・四角」などで分類しているので、子供でもパっと見て文字のおおまかな形を理解することができます。

書き方を説明するイラストもほのぼのした感じでかわいいですよ。

●本の内容を見てみたい場合は、楽天のサイトで21ページまで中身を見ることができます。