算数

【算数が苦手な小学生におすすめのパズル本】算数がきらいな小学生でも楽しい!

算数が苦手な子どもも楽しい算数パズルの本

算数が苦手な子どもも楽しい算数パズルの本

1-1.算数を得意にするために必要な力とは

 

算数が得意な子どもは、計算が速いといった単純な能力だけでなく、「集中して考え続ける力」があります。

この力がなければ、かんたんな問題は解けても、中学受験やその先の高校受験、大学受験において出されるような、難しい問題はお手上げとなってしまいます。

 

うちの子は計算は速いけど、文章題になると、すぐにわからないって言うのよね。

どうしたら文章題も得意になるのかしら。

 

計算のスピードは、計算ドリルで練習すれば速くなります。

「集中して考え続ける力」は、どうすればつくのでしょうか。

 

1-2.「集中して考え続ける力」をつけるには

 

「集中して考え続ける力」をきたえるのにおすすめの本が、「10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250」です。

 

パズルが好きな方は、パズルを解いていると「いつのまにかかなりの時間が過ぎている」、なんてことがよくありますよね。

まさに「集中して考え続ける力」が発動しています!

 

パズルをときながら、集中して考え続けることをくり返しているうちに、しぜんに「集中して考え続ける力」がついていくね!

 

「10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250」は、算数の「思考力」を楽しく育てることを目的とした本です。

算数が苦手な子どもでも、楽しいマンガで抵抗なく読み進められるように工夫されています。

わが家の算数嫌いな娘も、「算数は好きじゃないけど、この本は好き!」と言ってます(笑)


マンガでわかる! 10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250

「10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250」おすすめの理由

 


マンガでわかる! 10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250

2-1.あらゆる種類のパズルがのっている

 

数字や図形のパズルだけでなく、迷路・まちがいさがし・ビンゴなど、あらゆる種類のパズルがのっています。

子どもがあきずに楽しめますね!

ぱっと見で、算数に関係ないようなパズルも多いので、算数がきらいな子どもでもやってみようかなという気になります。

 

62種類のパズルがそれぞれ4問ずつと、特別問題2問。

ぜんぶでなんと250問ものってるよ!

 

2-2.いろいろなレベルのパズルがあるので、低学年から高学年まで楽しめる

 

パズルの難しさによって★1から★7まであるので、低学年から高学年まで楽しめます。

低学年のころにはいくら考えてもわからなかった★7のパズルが、高学年になって解けたら、子どもは楽しいでしょうね!

 

まずは★1からやってみて自信をつけよう!

パズルになれてきたら、どんどんレベルアップしよう!

 

2-3.パズルの問題やマンガには、すべてふりがながふってある

 

大人向けの説明文章をのぞいて、子どもが読む部分の漢字には、すべてふりがながふってあります。

まだ知らない漢字が多い低学年でも、一人で読めます。

読めない漢字があると子どももつまらないので、ふりがながふってあるのは助かりますね。

 

子どもが一人で読めるのはいいね!

 

2-4.マンガがおもしろい

 

ずばり、マンガがおもしろいです(笑)

マンガの内容は、パズルの考え方を教えてくれるものもありますが、ただのギャグの場合も多いです。

ひたすらパズルがのっている本よりも、パズルを集中して解いた後にマンガで笑ってひと息つけるところがいいですね。

 

マンガがおもしろいから、どんどん先を読みたくなるね!

 

「マンガでわかる!10才までに」シリーズ

 

「マンガでわかる! 10才までに」シリーズには、ほかにもたくさんの楽しそうな本があります。

国語 ・10才までに覚えたい言葉1000
・10才までに覚えたい言葉1000 レベルアップ編
・10才までに覚えたい漢字1026
算数 ・10才までに遊んできたえる算数脳パズル250
・10才までに遊んできたえる算数脳めいろ260
社会 ・10才までに覚えたい47都道府県
英語 ・10才までに覚えたい英語1000

 

どの本も楽しく読める工夫がされています。

 

国語の「マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000」は、マンガのほとんどが一コママンガで、わりと内容があっさりしています。

そのため、たくさんの言葉を知るという目的にはよいのですが、この本だけで言葉を覚えるのはちょっと難しいかもしれません。

 

中学受験も考えているから、もう少し四字熟語やことわざをきちんと覚えてほしいな。

マンガで楽しく覚えられるような本はないかしら?

 

中学受験にも通用するレベルで、四字熟語やことわざの意味をきちんと理解して覚えたいという場合には、「ナツメ社のやる気ぐんぐんシリーズ」をおすすめします。

「マンガで身につく!四字熟語辞典」と「マンガで身につく!ことわざ辞典」です。


マンガで身につく! 四字熟語辞典


マンガで身につく! ことわざ辞典

 

「マンガで身につく!四字熟語辞典」と「マンガで身につく!ことわざ辞典」については、こちらの記事でくわしく解説しています。

 

無料で楽しめる算数パズルのプリント

無料で楽しめる算数パズルのプリント

 

算数パズルを試してみたいけど、本を買ってもやらないかもしれないし、無料のプリントとかないかしら?

 

本を買う前に無料で試したいという方には、「ちびむすドリル」というサイトがおすすめです。

 

子供の教育に役立つ知育学習のサイトで、学習にかんするさまざまなプリントが2万枚以上のっており、なんと無料でダウンロードできます。

私もいつもお世話になっていて、とてもありがたいです。

もちろんパズル以外のプリントもたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

 

そんなにたくさんの学習プリントが無料だなんて、神!!

 

算数がきらいな小学生でもパズルは楽しいのか【娘の場合】

算数がきらいな小学生でもパズルは楽しいのか・娘の場合

 

うちの娘は算数が好きではありません(汗)

しかし、なぜかこの本は好きで、何度も繰り返し読んでいます。

 

娘のお友達のママさんに聞かれておすすめしたところ、そのお友達も一気に読んでしまうほど楽しんでいたそうです。

子どもが楽しめる工夫がたくさんされているので、算数がきらいでも楽しめるのでしょう。

 

パズルは楽しそうにやってるけど、これで本当に算数が得意になるのかしら?

 

この本でパズルを解いて、いきなり算数が得意になるわけではありません。

とくに低学年の場合は、計算ドリルでもやったほうが、効果はすぐに出るでしょう。

すぐに効果が出なくても、「集中して考え続ける力」や算数の「思考力」が育てば、算数だけでなくほかの教科にも必ず役に立ちます。

 

考える力って目に見えないし、すぐにつくものじゃないから、集中して考えることを繰り返して育てていこう!」

 

自分がなにかの試験で数学の問題を解こうとしているところを、想像してみてください。

そこで一番必要なのは、「集中して考え続ける力」ではないでしょうか。

ぜひお子さんと算数パズルを、楽しんでみてください。