【小学1年生の算数】文章問題が難しい!得意にするための対策を解説!

記事内にプロモーションを含む場合があります
【小学1年生の算数】文章問題が難しい!得意にするための対策を解説!

小学1年生の算数で「文章問題が苦手」というお子さんは多いのではないでしょうか。

この記事では、算数の文章問題を得意にするための原因と対策をわかりやすく解説します!

目次

【小学1年生の算数】文章問題が難しい原因

小学1年生の算数で文章問題でまちがってしまう原因は、大きくわけて3つあります。

【算数の文章問題が難しい・まちがう原因】

●答えの単位を書き忘れる

●問題を読んでも何を答えればよいかわからない


問題の内容がイメージできない

小学1年生の場合、問題そのものが難しくて解けないというよりも、まだ問題の形式に慣れていないためにまちがってしまうことがあります。

いちこ

お子さんに文章問題をとくコツを教えてあげて、算数を得意にしましょう!

【小学1年生の算数】文章問題が難しいときの対策

答えの数字だけでなく、必ず単位も書く

まちがいの例】

「〜何こでしょう」「〜何まいでしょう」というような問題で、答えの数字だけを書いて単位(○こ・○まい など)を書き忘れる。

単純なミスですが、小学1年生だけでなく高学年になってもよくあるミスです。

せっかく計算の答えがあっていても、単位の書き忘れで減点されてしまうことがあります。

小学校の算数の文章問題はほとんどの場合、答えに単位が必要です。

答えの数字だけでなく、単位(cm・kgなど)や数え方(○個・○枚などの助数詞)を必ず書くように教えてあげましょう。

【算数の文章問題をとくコツ】

答えの数字だけでなく、必ず単位も書きましょう。

問題文の最後をよく見る

算数の文章問題が苦手なお子さんは、問題を読んでも「なにを答えればいいのかわからない」という場合があります。

算数の文章問題を解くときに「問題をよく読んでね」と教えても、子どもはなにをどう読めばいいのかわかりません。

問題文の中でいちばん重要なのは、問題文の最後です。

問題文の最後に書かれていることに答えればよいのです。

次の【問1】【問2】の例を見てみましょう。

【問1】りんごが10こありました。このうち 5こ たべました。のこりはなんこでしょうか

【問2】こうえんで 15にんのこどもが あそんでいました。このうち 7にんのこどもが いえにかえりました。こうえんには なんにんの こどもが のこっているでしょう

【問1】は簡単ですが、【問2】のように問題文が長くなってくると、なにを答えればいいかわからなくなってしまうことがあります。

【問1】【問2】も、問題文の最後(赤字部分)を見れば、なにを答えればいいのかすぐにわかります。

【算数の文章問題をとくコツ】

問題文の最後を見れば、なにを答えればいいかがわかります。

問題文の内容を頭の中でイメージする

問題を読んでもイメージできないので、問題の意味が理解できない場合があります。

問題を読むことはできても、内容を理解できないと文章問題は解けません。

慣れないうちは問題文の「りんご3こ」「おりがみ5まい」などは実際に絵に描いてみるとわかりやすいです。

【算数の文章問題をとくコツ】

●問題文の内容を絵や図を描くなどしてイメージする。

【小学1年生向け】文章問題を得意にするワーク・ドリル

教科書ワーク

いちばんおすすめなのは「教科書ワーク」です。

「教科書ワーク」は教科書の内容にそって作られたワークです。

オールカラーで絵や図がかかれているので、文章問題が苦手なお子さんでも問題の内容をイメージして解くことができます。

他のワークやドリルにくらべて答えの解説がとても丁寧に書かれているので、ご家庭で親御さんが教えるときにも助かります。

【参考:東京書籍版「教科書ワーク」の一部】

小学1年生の算数の教科書ワーク
小学1年生の算数の教科書ワーク
画像引用元:Amazo.co.jp

教科書ワークはお子さんが使っている算数の教科書の出版社と同じ出版社のものを買いましょう。

\東京書籍版はこちら/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

\啓林館版はこちら/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

その他の出版社の教科書ワークはこちら

「小学1年生 文章題にぐーんと強くなる」くもん出版

くもん出版の「小学1年生 文章題にぐーんと強くなる」は、文章題を細かいステップで繰り返し練習することによって解く力をつけるドリルです。

小学校の算数の文章題は決まったパターンのものが多いので、問題パターンに慣れれば解けるようになります。

解いているうちに自然と力がつく構成になっているので、苦手な文章題を克服するのにピッタリです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

算数が得意な子供向けの文章問題の解き方

文章問題を解くスピードを上げるコツ

算数が得意なお子さんは絵にかくよりも頭の中にイメージしながら解くと、問題を解くスピードがさらに速くなります。

試しに上で紹介した【問2】で、問題文を頭の中でイメージする練習をしてみましょう!

慣れないうちは、お子さんに目を閉じてもらい、親が問題文をゆっくり読んであげて、頭の中に問題文の内容を一文ずつ思い浮かべる練習をするといいですよ。

【問2】こうえんで 15にんのこどもが あそんでいました。このうち 7にんのこどもが いえにかえりました。こうえんには なんにんの こどもが のこっているでしょう

STEP
こうえんで 15にんのこどもが あそんでいました。

15人の子供をなるべくはっきりと頭の中に思い浮かべます。

STEP
このうち 7にんのこどもが いえにかえりました。

15人の子共達の中から、7人が家に帰っていくところを思い浮かべます。

STEP
こうえんには なんにんの こどもが のこっているでしょう。

最初にいた15人の子供達から人数が減っていることがはっきりイメージできれば、引き算の問題だということがわかります。

いちこ

最初はゆっくり問題文を一文ずつ区切って、頭の中で思い浮かべてみましょう!

問題文を読んで頭の中でしっかりイメージできるということは、問題文を理解し式をたてることができるということです。

図に描かなくてもよいので、問題を解くスピードも速くなります。

もちろん図をかいて考えたほうがわかりやすい問題は、図をかいて解きます。問題にあった図をかくためにも、問題文の内容をしっかりイメージすることが重要です。

図を描いて考える解き方には限界がある

頭の中でイメージするだけではなく、実際に図に描いて考えたほうがいいと思われる方も多いでしょう。

確かに「図に描いてみる」とわかりやすいのですが、この方法には限界があります。

なぜなら学年が上がるにつれて、図に描けない問題が多くなるからです。

【図に描けない問題の例】

●100、1000といった大きな数の問題

●移動する点や動く図形などの問題

例えば「動く図形の問題」だと、ざっくりした図は描けても、実際に図形が動く様子は自分の頭の中でイメージして補うしか方法がありません。

「文章問題は必ず図に描いて解く」というように決めつけてしまうと、うまく図に描けない問題にあたった時に行き詰まってしまいます。

【小学1年生の算数】文章問題が難しいときの対策まとめ

小学1年生で算数の文章問題が難しい場合は、まず3つの対策を覚えて解いてみてください。

【算数の文章問題が難しいときの対策】

●答えの数字だけでなく、単位も必ず書く。


●問題文の最後を見れば、何を答えればいいかがわかる。

●問題文の内容を絵や図を描くなどしてイメージする。

算数の文章問題に慣れてきたら、さらに解くスピードを上げるためのコツも実践してみてください。

【算数の文章問題をさらに得意にするコツ】

●問題文の内容を頭の中でイメージする。

この記事を書いた人:いちこ
子供の学習について考える
東大法学部卒業後、大手企業に就職。現在は子供2人のママ。楽しく効果的な学習方法について日夜考え抜く日々。Twitterでは子供の学習や受験についてつぶやいているので、気軽にフォローしてくださいね。時々、親ばかツイートあり(笑)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次