算数

算数の図形が苦手な子供におすすめの「さわって学べる算数図鑑」

算数の図形が苦手な子供には「さわって学べる算数図鑑」をおすすめします

手帳や定規が置いてある勉強机

 

うちの子、算数の中でも図形が特に苦手なのよね(涙)
どうしたら得意になるのかしら?

 

算数の図形は中学受験でも必ずと言っていいほど出題されるテーマです。

でも、苦手なお子さんは多いですよね。

平面図形ならなんとか理解できても、「立体」となると急にわからなくなるお子さんも多いのではないでしょうか。

苦手な理由は、頭の中で図形を思い描くことが難しいからではないでしょうか。

苦手な図形の問題を克服するのにおすすめなのが、Gakken(学研)の「さわって学べる算数図鑑」です。

この本は、朝倉算数道場で有名な朝倉仁(あさくら ひとし)先生監修です。

朝倉先生は、子供たちが算数が好きになるための本をたくさん出されており、また算数オリンピックで金メダルなど上位入賞を果たした教え子も多いなど、算数に関する第一人者の方です。

「さわって学べる算数図鑑」がおすすめの理由

カラフルなジェンガで遊ぶ子供

「さわって学べる算数図鑑」は、「目と指先から算数センスが身につく!算数が理屈ではなく、体感でわかる本」と紹介されています。

全体が厚紙でできていて、実際にめくったり、開いたり、組み立てたりして遊びながら算数が身につくように考えられています。

特に「立体組み立て」のページでは、直方体や三角錐(さんかくすい)などのおもな立体の展開図がのっていて、しかも自分で立体に組み立てることができるのです。

これなら本で遊んでいるうちに自然に図形の形や展開図が頭に入ってきます。

他にも図形を学ぶための本はいろいろありますが、この本が一番わかりやすかったです。


さわって学べる算数図鑑 [ 山田美愛 ]

「さわって学べる算数図鑑」のメリット・デメリット

おすすめの理由です。

【おすすめの理由】

1.色がはっきりしていて視覚的にもわかりやすい。

2.立体は実際に展開図から組み立てることができる。

3.展開図などのパーツの端は本にくっついているため、なくしたり散らかったりすることがない。

4.図形だけでなく、足し算、引き算、かけ算、割り算、分数についても説明されている。

5.ところどころにクイズ形式になっていて、楽しく読み進められる。

 

デメリットとしては、この本は厚紙でできていてかなりしっかりした作りですが、紙なのでどうしても乱暴に扱うと破れてしまいます。

小さい子は破ってしまうかもしれないので、気を付けてください。

算数を習い始めた小学生低学年ぐらいが、読むのにちょうどよいと思います。

 

算数や図形の本は他にもいろいろあるから、どれを買えばいいか迷っちゃうわ。

 

ほかにも図形や算数そのものの苦手を克服するための本はたくさん出ています。

算数の解説ばかり書かれたものだと、算数が苦手な子供は「算数の本だ!」と思っただけで拒否反応が出てしまいます。

「さわって学べる算数図鑑」は、「図鑑」というだけあって、絵本のようなおもしろさがあり、算数嫌いでも抵抗なく読めると思います。

「さわって学べる算数図鑑」で算数の図形が得意になろう

机の上に積まれた本の上に、置かれたリンゴ

 

うちの子は算数嫌いだから、せっかく本を買っても読んでくれないかも・・。

 

もし自分が、会社の上司から「これで勉強しなさい。」と言われてビジネス本みたいなのを渡されたら嫌ですよね。

お子さんにこの本を渡す時、「これで勉強しなさい。」と言うのはやめましょう。

「この本、おもしろそうだね。」と、さりげなくすすめましょう。

もし、お子さんが興味を示さなかった場合には、親が自分で本を開いて、各ページのしかけの切り取り線をプチプチ切り取る作業をやってみせるといいかもしれません。

わが家はこれで子供たちが「ママ、何してるのー?」「見せて見せてー!」と興味シンシンで寄ってきて、つかみはバッチリでした(笑)

わが家の娘は、もともと算数はあまり好きではありません。

しかし、この本は気に入ってくれて、小1の時からちょこちょこ手に取って眺めていました。娘は図工は好きなので、工作っぽい感じがウケたのかもしれません。

そのおかげで、2年生の成績表では、算数の「図形の理解」で、初の二重丸をもらうことができました。

図形が苦手なお子さんには、ぜひ「さわって学べる算数図鑑」をおすすめします。

ほかの参考書のような本と違い、算数嫌いのお子さんでも「おもしろそう!」と興味をもってくれることでしょう。