マンガ日本の歴史の選び方はこちら→ CLICK!

【小学生の音読】効果的にやるための音読専用のおすすめ教材

【小学生の音読】効果的にやるための音読専用のおすすめ教材

家庭学習で音読をやってみようという方は多いですよね。

音読の効果を最大限に引き出すためには、音読専用に作られた教材を使うことをおすすめします。

この記事では、実際にわが家で使ったものを中心に、小学生の音読におすすめの3つの教材について特長やどんなお子さんにおすすめかをわかりやすく解説します。

目次

【小学生の音読】効果的にやるための音読専用のおすすめ教材

小学生の音読を効果的にやるためにおすすめの教材はこの3つです。

【小学生の音読におすすめの教材】

徹底反復 音読プリント

頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日

国語の力がグングン伸びる 1分間速音読ドリル

子供が音読をする場合、好きな本でやるのもよいですが、せっかくなら音読のために作られた教材を使うことをおすすめします。

音読専用の教材は、音読の学習効果を最大限に高めるため、さまざまな観点から選んだ文章が集められています。

音読専用教材
好きな本
  • 「集中力を高める」「語彙(ごい)を増やす」などの目的にそった文章が集められている
  • 様々な種類の名作や古典が1冊にまとまっている
  • リズム感のある読んでいて楽しい文章が多い
  • ふりがなや字の大きさなど、子供が読みやすい工夫がされている
  • 子供が好きな本を自由に選べる
  • 名作や古典は子供があまり選ばない
  • 音読には向いてない文章も多い

この記事で紹介する3つの教材は、どれも名作や古典を中心とした美しい文章が集められていて、子供が楽しく音読が続けられるような工夫がされています。

ぜひ親子で音読を楽しんでみてください。

徹底反復音読プリント

>>徹底反復 音読プリント

音読の教材として最も有名なのが、陰山英男先生の「徹底反復音読プリント」です。

どれにしようか迷ったら、まずこれです。

小学校1年生から6年生まで、どの学年のお子さんにもおすすめです。

価格550円(税込)とビックリするほど安くて、コスパも最高だよ!

Amazonのレビューに「古詩(静夜思)に3か所誤りがある」という口コミがあります。おそらく旧字体(異字体)の3か所を指しているものと思われますが、これは誤りではありません。

「徹底反復音読ドリル」には55作品もの有名な文章がのっています。

しかもうれしいことに、中学・高校で必ず学ぶ「竹取物語」「枕草子」「徒然草」「平家物語」などの古典の作品がたくさんのっています。

古典は小学生には難しいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

古典の作品は韻(いん)をふんでいるものが多く、リズミカルで楽しく読めるので、むしろ素直に楽しめる小学生にこそおすすめです。

英語とちがって発音を気にすることもないので、小学生でも難しくありません。

すべての漢字にふりがながふってあるから、まだ知らない漢字が多い低学年の子供でも大丈夫だよ!

「徹底反復音読ドリル」を使った音読で古典に慣れておけば、中学から始まる古典の学習にもスムーズになじむことができます。

小学生のうちから古典に慣れ親しむメリットにつては、こちらの記事もどうぞ。

>>【小学生の先取り学習】古典ならかんたんにできてメリットだらけ!

頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日

>>頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日

「 頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日 」は、小学校入学前の幼児の頃から小学校低学年のお子さんにおすすめの教材です。

小さい頃から音読を習慣にする目的なら、この本はピッタリです。

1番目の文章は、夏目漱石の「吾輩は猫である」の有名な冒頭文「わがはいはねこである。なまえはまだない。」です。

ひらがなで書かれた短くて簡単な文章なので、小さいお子さんでも読めます。

ひらがながまだ読めない子供なら、親が一緒に読んであげてもいいね!

ひらがなの勉強にもなるよ!

本の後半に進むにつれてだんだんと長文になり、最後にのっている366番目の文章は高村光太郎の「冬の子供」という詩で、20行以上ある長文です。

いきなり20行の音読は大変ですが、短い文章からだんだん長くなるので、長い文章にすんなり進めるように工夫されています。

Amazonでは無料で本の中身を試し読みすることができます。

>>Amazonで本の中身を見てみる

国語の力がグングン伸びる 1分間速音読ドリル

>>国語の力がグングン伸びる 1分間速音読ドリル

教育学者として有名な齋藤孝先生の本です。

TVにもよく出ている方なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

この本の特長は、1分以内に読み終わることを目的とした速音読(そくおんどく)をテーマにしている点です。

(画像引用元 https://www.amazon.co.jp/)

速音読により集中力や注意力を高めながら、効果的に国語力を上げていくことができます。

最初は1分で読めなくても、何回か練習するうちにスピードが上がって1分をきったら子供もうれしいですよね!

Amazonのレビューや口コミでも「子供が楽しく取り組めた」という声が多いよ!

収録されている文章も、「ごん狐」や「走れメロス」などの名作から「平家物語」「源氏物語」「枕草子」「論語」といった古典まで、幅広い教養を養えるようなラインナップになっています。

【まとめ】小学生の音読におすすめの教材

この記事で紹介した3つの音読教材について、かんたんにまとめました。

教材選びの参考にしてみてください。

徹底反復 音読プリント

●小学校1年生~6年生まで、すべてのお子さんにおすすめ

●550円(税込)という低価格にもかかわらず、55作品もの文章がのっている

●中学で習う古文・漢文もたくさんのっている

頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日

●小学校入学前の幼児期から小学校低学年のお子さんにおすすめ

●366作品の文章がのっている

●短くてやさしい文章から徐々に長い文章になるので、音読が初めての子供も抵抗なく取り組むことができる

国語の力がグングン伸びる 1分間速音読ドリル

●小学校1年生~6年生まで、すべてのお子さんにおすすめ

●1分以内にスピードを意識して音読することで、集中力や注意力のアップなど様々な効果が見込める

●タイムを計ることで効果が目に見えるので、子供が楽しく取り組める

この記事を書いた人:いちこ
子供の学習について考える
東大法学部卒業後、大手企業に就職。現在は子供2人のママ。楽しく効果的な学習方法について日夜考え抜く日々。Twitterでは子供の学習や受験についてつぶやいているので、気軽にフォローしてくださいね。時々、親ばかツイートあり(笑)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる