マンガ日本の歴史の選び方はこちら→ CLICK!

【小学生の音読】大学受験にも効果がつながるおすすめの教材

【小学生の音読】大学受験にも効果がつながるおすすめの教材

音読がいいとよく言われますが、実際にはどんな効果があるのでしょうか?

一般的には「脳の活性化」に効果があると言われていますが、教材の選び方によってさらに役に立つ具体的な効果があります。

この記事では、小学生の音読におすすめの教材について解説します。

目次

【小学生の音読】大学受験にも効果がつながるおすすめの教材

音読の教材として最も有名なのは、陰山英男先生の「徹底反復音読プリント」でしょう。

音読教材として優秀なのはもちろん、古典の学習の先取りもできます。

価格も550円(税込)と安く、信じがたいコスパのよさです。


なお、Amazonのレビューに「古詩(静夜思)に3か所誤りがある」というような口コミがありますが、おそらく旧字体(異字体)で書かれている3か所を指しているものと思われます。

まちがいではないので、気にする必要はありません。

「徹底反復音読プリント」のくわしい内容や、もう一つの有名な音読教材である「国語の力がグングン伸びる 1分間速音読ドリル」との比較については、以下の記事もあわせてご覧ください。

「徹底反復音読プリント」には古典の名作がたくさんのっている

「徹底反復音読プリント」には古典の名作がたくさんのっている

「徹底反復音読ドリル」には55作品もの有名な文章がのっています。

しかもうれしいことに、中学・高校で必ず学ぶ古典の作品がたくさんのっています。

以下はその一部です。

【古文】

竹取物語
枕草子(清少納言)
徒然草(吉田兼好)
平家物語
源氏物語(紫式部)
方丈記(鴨長明)

※「徹底反復音読プリント」目次より抜粋

【漢文】

春暁(孟浩然)
論語(孔子)
春望(杜甫)
孟子(孟子)

※「徹底反復音読プリント」目次より抜粋

古典の音読は小学生には難しいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

古典作品はリズミカルで楽しく読めるものが多く、むしろ素直に楽しめる小学生にこそおすすめです。

すべての漢字にふりがながふってあるので、まだ知らない漢字が多い低学年のお子さんでも大丈夫です。

「徹底反復音読ドリル」を使った音読で、中学から始まる古典の学習を先取りしてしまいましょう!

実はいちばん音読での学習効果がある科目が「古典」

じつはいちばん音読で学習効果がある科目が「古典」

実は「古典」がいちばん音読での学習効果がある科目だと思います。

古典が苦手という人は、英語と同じで、ふだん使わない言葉や言い回しがならんでいるだけで、拒否反応が出てしまいます(汗)

小学生のころから古典の文章に慣れておけば、中学になって古典の学習が始まっても、すんなりついていけますね!

中学に入って初めて古典を読むのと、小学生のうちに読んでおくのとでは、かなり大きな差があるね!

「古典の文章に慣れる」には、声を出して読む「音読」がもっとも効果的です。

英語とちがって発音を気にすることもないので、小学生でも楽しく読めます。

たとえば「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」の出だしで有名な「平家物語」は、テンポがいいので、慣れると子どもでもスラスラ読めますよ。

わが家の娘は小学2年生の頃に「平家物語」を音読していましたが、あっという間に覚えてしまいました。

小学生の記憶力はすごいよね。

古典は大学受験でも多くの人が必要になる科目だから、今のうちからやっておけばとっても役に立つよ!

【重要】古典の音読はかならず口語訳も音読しよう

【重要】古典の音読はかならず口語訳も音読しよう

古典の音読をするときは、「口語訳(こうごやく)」つまり現代語訳もあわせて音読することをおすすめします。

意味がわからないものを音読しても楽しくないですよね?

口語訳も読むことによって、話の内容や言葉の意味、その時代の考え方なども自然に頭に入ります。

口語訳の文章は、ネットで「〇〇 口語訳」や「〇〇 現代語訳」と検索すれば、すぐに出てくるよ。

なお「徹底反復音読ドリル」には、漢詩や漢文には口語訳がのっています。

わざわざ口語訳を調べなくていいので、とても便利です。

口語訳もあわせて音読することで、さらに内容の理解がすすむので、ぜひやってみてください!

この記事を書いた人:いちこ
子供の学習について考える
東大法学部卒業後、大手企業に就職。現在は子供2人のママ。楽しく効果的な学習方法について日夜考え抜く日々。Twitterでは子供の学習や受験についてつぶやいているので、気軽にフォローしてくださいね。時々、親ばかツイートあり(笑)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる