マンガ日本の歴史の選び方はこちら→ CLICK!

【算数を得意にする!最強のドリルはこの4つ】小学生におすすめの算数ドリル4選

算数を得意にするおすすめの最強ドリル4つ

この記事では、東大卒のママが選んだ「小学生の算数力を上げるのにおすすめのドリル4つ」を紹介します。

ご紹介する4つの算数ドリルは、どれも単純に計算が速くなるだけのものではありません。

算数の問題を解くうえで最も必要な、「集中して考え続ける力」をつけることを目的としたドリルです。

 

プロの教育者や実績のある進学塾の作ったドリルから選んでいるよ。

どれも内容がよく考えられていて、算数の力がつく工夫がされているよ!

 

ぜひ、お子さんにピッタリの楽しく取り組める算数ドリルを選んでみてください!

目次

算数ドリルの王道「徹底反復 百ます計算」

 

 

ドリル名 徹底反復 プレ百ます計算

徹底反復 百ます計算

出版社 小学館
おすすめの年齢 小学校全学年
価格 550円~660円(税込)

 

算数ドリルの王道といえば、やはり百ます計算です。

「百ます計算」は陰山メソッドで有名な陰山英男氏が作ったドリルです。

「なんだ、百ます計算か」と思われるかもしれませんが、「百ます計算」をやることの本当の目的はただの計算練習ではありません。

計算が速くなるのはもちろんですが、いちばんの目的は簡単な計算を短時間に集中してやることによって、「集中する練習」をすることなのです。

 

くり返し短時間に集中する練習をすることで、学力を高めるのに必要な集中力がつくね!

 

「百マス計算」をやる時には、次のことに注意してやってみてください。

【効果的な百ます計算のやり方】

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]初めはかんたんな問題からやること。いきなり難しい問題に挑戦しない。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]必ずタイムを計ってやる。いちばん簡単な「プレ百ます計算」なら目標は1ページ2分。

 

百ます計算は、簡単な計算を短時間に集中してやることに意味があるよ!

初めて百ます計算をやる場合は、子供の今のレベルよりやさしいと感じるレベルから始めることをおすすめするよ!

 

わが家の場合、娘が小学2年生の夏休みに、いちばん簡単なプレ百ます計算から取り組みました。

娘は計算が苦手ですが、「プレ百ます計算」の最初のほうは「3+1=」などかなりやさしい問題なので、楽しく取り組むことができました。

スピードも日に日に速くなり、最終的には苦手だった計算に自信をもって取り組めるようになりました!

 

小学校低学年の子供には「プレ百ます計算」がおすすめだよ。

最初は1桁のたし算やひき算など簡単な問題だけど、後半はだんだん難しくなってくるので十分やりがいがあるよ!

 

著者である陰山英男氏は「陰山メソッド」で有名なプロの教育者です。

「陰山メソッド」では、「百ます計算」とともに「音読」もすすめています。

「音読」でなぜ国語力が上がるのか、どんな教材がおすすめかについては、こちらの記事をどうぞ。

https://todai-mama.com/kokugoryoku-ondoku

 

「賢くなるパズル」は集中して考え続ける力がつく

 

 

題名 賢くなるパズル
出版社 学研プラス
おすすめの年齢 小学校全学年
価格 660円(税込)

 

賢くなるパズルは、宮本算数教室で有名な宮本先生のドリルです。

宮本算数教室は、無試験・先着順で入れるにもかかわらず、卒業生の80%以上が最難関中学へ進学することで有名な塾です。

このドリルのシリーズはたくさん出ていますが、「入門編」「基礎編」であれば、たし算・ひき算などの計算ができなくても解けます。

 

【賢くなるパズル 入門編・基礎編のルール】

●1つの列に同じ数字を入れてはいけない

●同じマスの中を2度通らない(同じマスを2度使わない)」

 

もともとパズルが好きだったり、かしこいお子さんだったら、小学校入学前でも解くことができるでしょう。

うちの息子のように普通の子供でも(笑)、年長では解けなくても小学校に上がるころには少しずつできるようになります。

1冊のドリルの中で初級・中級・上級と3つのレベルに問題がわかれているので、無理にすすめず、その時のお子さんにあったレベルで楽しくやりましょう。

各級の終わりに賞状のような「級位認定証」がついているのも、子供のやる気を引き出してくれます。

 

賞状がもらえると、子供はやる気がでるよね!

 

「賢くなるパズル」なら、「考える」→「解ける」→「うれしい」を繰り返すことによって、算数に必要な「集中して考え続ける力」がしぜんに身に付きます。

「入門編」「基礎編」が終わったら、「たし算」「ひき算」「わり算」「かけ算」など、同じシリーズのドリルがたくさんあるので、どんどんチャレンジできるのもいいですね。


「マンガでわかる!10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250」

 

 

題名 マンガでわかる! 10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250
出版社 永岡書店
おすすめの年齢 小学生全学年
価格 1650円(税込)

 

マンガでわかる! 10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250は、「花まる学習会」で有名な高濱正伸氏の著書です。

算数があまり好きではないお子さんだと、「算数ドリル」というだけでやる気がなくなりますよね(涙)

この本は、「マンガでわかる!」と題名にあるとおり、説明部分がマンガでおもしろく読めるように工夫されています。

問題も、迷路やまちがいさがしなど、遊びながら楽しく学習でできるものがたくさんのっています。

算数が苦手なお子さんでも、一般的な算数ドリルより楽しく取り組めます。

 

漢字にはふりがながふってあるから、まだあまり漢字が読めない子供でも大丈夫だよ!

 

パズルの難しさによって★1から★7まであり、★1のパズルは本当に簡単です(笑)

おそらく、年長さんでもできると思います。

最初からいきなり難しいと子供もやる気が出ないので、★1のパズルからやってみて、慣れてきたらどんどんレベルを上げていきましょう!

「マンガでわかる!10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250」については、こちらの記事でもくわしく書いていますので、参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【算数が苦手な小学生におすすめのパズル本】算数がきらいな小学生でも楽しい! 【算数が苦手な子どもも楽しい算数パズルの本】 1-1.算数を得意にするために必要な力とは   算数が得意な子どもは、計算が速いといった単純な能力だけでなく、「集中...

集中力を高める「面積迷路」

 

 

題名 面積迷路
出版社 学研
おすすめの年齢 小学校中学年~高学年
価格 413円(税込)~ 本の種類によって変わる

 

面積迷路は、東京にある進学塾「理数系専門塾エルカミノ」が作ったドリルです。

エルカミノは、最難関校に合格者を多数出していることで有名です。

私はその塾のことは知らずにこのドリルを買いましたが、さすがの内容です。

問題を解く楽しさがこれほど詰まったドリルはなかなかありません。

 

長方形の面積を求める式「たての長さ×横の長さ」を使って、どんどん解いていくパズルだよ!

 

いくつかある「面積迷路」の本の中で、わが家が最初に買ったのは面積迷路 スピード編です。

面積の問題が苦手だったうちの息子も、このドリルは楽しいと言って最後までやりきりました!

「スピード編」がいちばん内容がやさしくて算数が苦手な子供にはおすすめなのですが、現在は中古でしか買えないようです。

 

算数が好きでどんどんやりたい子供なら、面積迷路 ベスト102ロジカル思考トレーニングパズル 面積迷路 にぜひチャレンジしてみてください!


【算数を得意にする、おすすめの最強ドリル】まとめ

【算数を得意にする、おすすめの最強ドリル】まとめ

おすすめした算数ドリルについて、特長をわかりやすくまとめました。

お子さんにあったドリルを選ぶときの参考にしてください。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]徹底反復 百ます計算

→算数のドリルを買うなら、まずはコレ。誰でもかんたんにできて、集中する力がつく。どんなお子さんにもおすすめ。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]賢くなるパズル

→たし算・ひき算などができなくても解けるので、早ければ小学校入学前でもチャレンジできる。どんなお子さんにもおすすめ。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]マンガでわかる! 10才までに遊んできたえる 算数脳パズル250

→算数があまり好きでないお子さんにもおすすめ。算数に必要なあらゆる力がつくように工夫されている。マンガで楽しく読める。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]面積迷路

→小学校中学年以上のお子さん向け。算数が好きな子には特におすすめ。集中して考える力がつく。

 

あわせて読みたい
算数の図形が苦手な子供におすすめの「さわって学べる算数図鑑」 【算数の図形が苦手な子供には「さわって学べる算数図鑑」をおすすめします】 算数の図形は中学受験でも必ずと言っていいほど出題されるテーマです。 でも、苦手なお子...
この記事を書いた人:いちこ
子供の学習について考える
東大法学部卒業後、大手企業に就職。現在は子供2人のママ。楽しく効果的な学習方法について日夜考え抜く日々。Twitterでは子供の学習や受験についてつぶやいているので、気軽にフォローしてくださいね。時々、親ばかツイートあり(笑)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる